コンサートで大切なのは、先ずプログラム。場所と聴衆を鑑み曲を決めていく。これは演奏家にとって、想像を膨らませながら行うので結構、楽しい作業です。

そして次に大切なのが練習です。練習は、ピアノソロだけなら自分自身の問題なので、我がシッカリと黙々と練習すればいいわけです。

しかしアンサンブルになると、まず日程の調整が難しくその上、そんなに練習しなくてもいいと思っている人といない人に分かれるし、集まりたくても時間の取れない人もいるし、中々難しいものがあります。

数人で行うアンサンブルは、心を一つにする必要があり、曲の解釈も話し合わなければならないので、何れにせよ練習練習ですね。頑張ります。